1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Niigata introduces 1st limit for school pitchers新潟高野連、球数制限導入

このページを印刷する

新潟県高校野球連盟は12月22日、日本の高校野球で初めて、投球数の制限を設けることを明らかにした。
来年春から、新潟県のトーナメントにおいて、投手がすでに100球を投球している場合、次のイニングで投げることができない。
同連盟は、投球中のけがを防ぎ、選手の出場を改善するため、この動きに出た。
「我々は、未来の子どもたちが野球をするのをやめないように取り組んでいく」と、同連盟の富樫信浩理事長は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み