1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.18

Nishikori wins at Brisbane to take 1st championship in nearly 3 years錦織、3年ぶりツアー優勝

このページを印刷する

錦織圭は1月6日、試合開始すぐのピンチをしのぎ、ロシアのダニル・メドベージェフを6-4、3-6、6-2で、ブリスベン国際の決勝で下した。

この大会第2シードで世界ランキング9位の錦織にとって、これは2016年の2月にメンフィス・オープン4連覇を達成して以来のツアー優勝だ。この2選手が最後に対戦したのは、昨年の楽天ジャパンオープンの決勝で、このロシア人(メドベージェフのこと)が錦織をストレートで破ったときだ。

この全豪オープン前哨戦の優勝は、錦織の12個目のツアータイトルだ。

セットカウントを1-1とした後、試合を決める第3セットで錦織は強過ぎた。そのロシア人のサービスゲームを3度ブレークし、2時間4分で優勝を決めた。

「優勝できて本当にうれしい」と、2018年の開幕をけがで逃し、世界トップ10に復帰するために苦労したその29歳の人(錦織のこと)は述べた。「昨年の楽天ジャパンオープンで負けたメドベージェフにリベンジできてよかった」。

「来年この大会に参加してまた優勝したい」。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み