1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.25

Government to review key statistics after jobs data found to be faulty厚労省、過少支給計530億円

このページを印刷する

政府は1月11日、基幹統計の徹底的な見直しを行なうと述べた。これは厚生労働省が10年以上にわたり誤った勤労データを発行していたことが明らかになった後のことだ。

「統計の信頼が失われる事態が生じたことは誠に遺憾だ」と菅義偉官房長官は東京で開かれた記者会見で述べた。

政府は56の統計を基幹統計としており、それには国民経済計算、国勢統計や乳製品統計が含まれる。

菅官房長官はまた、政府は2019年度の国家予算を修正すると述べた。これは、誤った勤労統計のせいで給付金が十分に支払われなかった人々への追加支払い費用を含めるためだ。

厚生労働省もまた同日、2004年から約2,000万人に対して、雇用保険、労災保険と船員保険合わせて530億円以上を支払っていなかったことを認めた。

厚労省は、毎月勤労統計の調査を、十分な数の企業からデータを収集せずに発行していたことが判明した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み