1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.8

Japan’s 1st whale hunt in 31 years set for July商業捕鯨、31年ぶり再開へ

このページを印刷する

和歌山県太地町の漁業協同組合は、7月1日、商業捕鯨を行なうと1月24日に、この協同組合の関係者が発表した。日本で31年ぶりの商業捕鯨となる。

この動きは、日本が12月に国際捕鯨委員会からの脱退を発表した後で起こった。この組合の船と他の民間企業の4隻の船が周辺海域で1週間ほどミンククジラを捕獲すると、関係者は述べた。この組合の船はその後、千葉県沖でツチクジラ属とゴンドウクジラを捕獲する。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み