1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.8

Japanese crab boat, 10 crew seized by Russiansカニ漁船、ロシアに連行

このページを印刷する

ロシア当局は、10人の乗組員が乗っていた島根県を拠点とする日本のカニ漁船を、日本海で違法にロシアの排他的経済水域内で漁をしていたとして捕らえたと、島根県の職員は2月2日に発表した。

この職員によると、島根県出雲市にある企業が所有する「第68西野丸」がかかわるこの事件は1月30日に発生したという。カニ漁船は1月26日に出港した。

ウラジオストクにある日本の総領事館は、この漁船はウラジオストクから90キロ東にあるナホトカに連行されたと述べた。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み