1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.4.5

Suicide top cause of death for ages 10-142017年の10代前半死因、自殺最多

このページを印刷する

厚生労働省の報告によると、日本の10〜14歳の若者の死因として、戦後初めて自殺が1位になったという。

この報告書は、最新年のデータとなる2017年に、この年齢層の子ども100人が自殺したことを示した。この数値は、この年齢層の死因の22.9%を占め、次いでがんが22.7%、事故が11.7%だった。

全年齢層では、自殺の合計件数は近年、急激に減ってきた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み