1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.4.12

Emperor set to attend engagements through April ahead of abdication天皇、皇后両陛下、退位まで儀式続く

このページを印刷する

日本国民が新しい元号への移行を待つ中、明仁天皇は象徴天皇としての最後の月に、4月30日の退位に伴う一連の儀式をこなす。

4月10日に、明仁天皇と美智子皇后の結婚60年を祝う行事が皇居で行なわれる。天皇皇后両陛下はまた、4月18日には、三重県に古代から存在する、たくさんの宮社から構成される伊勢神宮を参拝し、退位することを先祖に報告する儀式に臨む。

2人は4月23日に、東京西郊に位置する明仁天皇の父親である裕仁天皇の陵にも、同じ目的で参拝する。

明仁天皇は4月30日に皇居で行なわれる退位の儀式で、国民に最後のあいさつを述べる。

5月1日に皇太子徳仁親王(59)が、彼の85歳の父親の後を継いで即位し、令和の時代を迎え入れる。

近代の日本における元号は、1人の天皇の治世を通して使われる。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み