1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.10

Bill offers \3.2M payment to eugenics victims旧優生保護法の救済法が成立

このページを印刷する

国会は4月24日、国の旧優生保護法の下で不妊手術を受けることを強制された人に1人当たり320万円を国家賠償として支払う法制度を成立させた。

与野党が起草した補償金の規定を定めるこの法律は、生存者に謝罪を申し出ているが、その文言は責任の所在について明白さに欠けているという批判もある。

1948〜96年まで、知的障害や精神疾患、遺伝性疾患のある人々は、「劣った」子孫の出生を防ぐためにと強制不妊手術を受けさせられた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み