1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.31

Foods to be discounted to help cut food wasteコンビニで「実質値引き」開始

このページを印刷する

セブン-イレブン・ジャパンとローソンは5月17日、食料廃棄を削減するため、消費期限が迫ったおにぎりや弁当を割引すると発表した。

これらのコンビニエンスストア運営会社は、それぞれが運営するポイントプログラムに入会している顧客に商品の5%分のポイントを提供する。日本で廃棄された大量の食べられる食品を削減するのに役立てるため、この決定がなされた。

「結局のところ、全商品を売り切れた方がよい」とローソンの竹増貞信社長は報道陣に述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み