1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.7

JR Central prototype shinkansen hits 360 kph新型車両が東海道新幹線で過去最高速度

このページを印刷する

JR東海の試作品の新幹線新型車両はこのモデルとしてはこれまでで最高速度の時速360キロに到達したと、運行会社が5月25日に発表し、アメリカや台湾などの海外市場へこのモデルを売り込めると期待している。

この速度は、東京と大阪を結ぶ東海道新幹線で来年7月に商用利用を開始する予定の新型車両「N700S」としては最高速度だったとJR東海は明らかにした。

このモデルの日本での運行最高速度は時速285キロとなるだろうと、同社は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み