1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.14

Parents win benefits for son’s drinking death「一気飲み」で急死のホスト、労災認定

このページを印刷する

職場で2012年にアルコール飲料を一気飲みした後に亡くなった、夜の歓楽街の業界で働いていた男性の両親は、5月29日に労災が認められた。こうした判決は日本初だ。

「ホストクラブ」で働いていた田中裕也さんは、若い男性スタッフが通常、女性客の相手をするそうした店舗(ホストクラブのこと)で急性アルコール中毒に苦しんだ後、死亡した。21歳だった。

大阪高等裁判所は、2013年11月に補償を拒否した労働基準監督署の判断を覆し、「飲酒は仕事の一部だった」という判決を出した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み