1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.21

ASDF pilot’s remains found after Aomori crash不明の戦闘機、パイロットの遺体発見

このページを印刷する

4月9日に青森県沖で行方不明になっていた航空自衛隊のF-35Aステルスジェット戦闘機のパイロットの遺体が海から回収されたと、岩屋毅防衛大臣が6月7日に発表した。

遺体は、6月5日に発見され、細見彰里3等空佐の遺体だと身元が確認されたと、航空自衛隊の広報官が東京で発表した。プライバシー上の懸念を理由に、航空自衛隊はさらなる詳細は公表しなかった。

そのF-35A戦闘機は日本で初めて配備されたもののうちの1機だった。今回の墜落事故は、F-35A戦闘機が関わる世界初の事故でもあった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み