1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.19

Burglaries increase in Okayama after flooding豪雨被害から1年、被災地で窃盗相次ぐ

このページを印刷する

1年前の集中豪雨で引き起こされた洪水に見舞われた岡山県の町は現在、生活を再建するために努力している被災者をターゲットにした窃盗に苦しんでいる。

豪雨災害の後、見慣れない車の数が増えており、警察は、岡山県倉敷市真備町地区の人々に住居と車に施錠するよう呼びかけた。

真備町は昨年7月に西日本の洪水と土砂崩れで最もひどく被害を受けた地域の1つで、275人の死亡につながった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み