1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.19

Pre-WWII use of chemical weapons confirmed旧陸軍による毒ガス使用、確認

このページを印刷する

大日本帝国陸軍によって化学兵器が中国でどのように使用されたかを詳細に記した報告書の存在が初めて確認されたと、日本の歴史家が7月8日に発表した。

歴史研究者の松野誠也氏によると、この公式の報告書は、中国北部に配備された前線の毒ガス大隊によってまとめられたもので、第2次日中戦争中の1939年にこの部隊が用いた2種類の化学兵器の使用について記録しているという。松野氏は「これは氷山の一角でしかない」と話す。

「私たちは真実を調査しなければならない」と松野氏は語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み