1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.9

As eel prices rise, alternatives tempt shoppers土用の丑の日、ウナギ高騰で代替品提供

このページを印刷する

日本では、7月27日は伝統的にうなぎを食べる日となっているが、絶滅が危惧されるこの魚(ウナギのこと)は依然として値段が高く、スーパーマーケットでは代替品の販売スペースを増やした。

11月から5月にかけての輸入量は多かったものの、今シーズンの国産ウナギの稚魚の漁獲量は2003年以降最低レベルに落ち込み、スーパーマーケットでの高値につながり、ナマズや豚肉といった代替品への好みを高めている。

「私たちは毎年ウナギを食べています。でも、値段が高くなっています。今年は違う商品を試してみたいです」と、白身の焼き魚を購入した42歳の女性は語った。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み