1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.23

Paralympics expected to raise awareness: surveyパラ五輪「障害の理解につながる」、調査

このページを印刷する

障害を持つ人の約60%が2020年東京パラリンピックは自分たちのような人たちの理解を促進するのに役立つだろうと期待していることが、8月17日に共同通信の調査で示された。

この調査は、6月から7月にかけて実施され、10歳以下から80歳以上まで、全国のさまざまな障害を持つ567人が参加した。

この調査で、62%がパラリンピックに肯定的な反応を示し、パラリンピックが障害のある人への理解を高めるのに役立ち、最終的には差別や偏見の廃絶につながるだろうと期待していると回答した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み