1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.13

Team conducts iPS transplant for corneal disease世界初、iPS 角膜の移植実施

このページを印刷する

大阪大学の研究チームは8月29日、患者とは別の人の個人由来の人工多能性幹細胞から7月に生成された角膜組織を移植する世界初の手術を実施したと発表した。

7月の手術の患者は角膜上皮幹細胞疲弊症を患っていた40代の女性で、7月25日に左目の手術を受けた後、8月23日に病院を退院した。

患者の視力は大幅に改善され、これまでのところ問題は確認されていないと研究チームは述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み