1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.10.4

Osaka mayor offers to take in tainted water大阪市長、処理水受け入れの可能性に言及

このページを印刷する

大阪市長で日本維新の会の党首である松井一郎氏は9月17日、東京電力の福島第1原子力発電所で排出された放射性トリチウムによる汚染水は—環境面で安全性が認められれば—大阪府へ送り、大阪湾で捨てることができると語った。

松井氏は、専門の科学者チームにこの問題についてまずは研究してもらいたいと付け加え、研究チームは東京電力福島第1原発から出たすべての水の放射性物質濃度が放射性物質の標準レベル以下であることを示す必要があると述べた。

汚染水は発電所内のタンクに保管されている。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み