1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.10.11

Island city first to declare climate emergency長崎・壱岐市が気候非常事態宣言

このページを印刷する

長崎県壱岐市は9月26日、「気候非常事態宣言」を発表した日本初の自治体になり、気候変動に取り組む決意をしている世界の1,000以上の地方政府に加わった。

壱岐市はこの宣言の中で、地球温暖化によって引き起こされている自然災害やその他の現象が「重大な脅威」を与えていると述べ、二酸化炭素の排出量を減少させると誓った。

この世界的な活動は、2016年にオーストラリアのメルボルン郊外の都市デアビンが開始した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み