1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.10.18

LGBT couples given reproductive assistance4施設、LGBT のカップルに生殖医療実施

このページを印刷する

4つの医療施設が、日本産科婦人科学会の指針に反して女性どうしのカップルとトランスジェンダーのカップルに生殖補助医療を提供していたことが、ある調査で10月6日に示された。

岡山大学の調査によると、1つの医療施設では、第三者の精子を用いて女性どうしのカップルに人工授精をさせ、別の2つの医療機関では性別適合手術を受ける前に男性から採取して冷凍保存した精子を用いていたという。4つ目の施設はどちらの手法も用いていた。

そうしたカップルのうち子どもができたカップルがいるのかどうかは分かっていない。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み