1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.27

Reactor halted for delay in terrorism measures川内原発1号機が運転停止

このページを印刷する

九州電力が運営する原子力発電所の原子炉1機は3月16日、規制委員会から義務付けられているテロ対策措置を予定通りに完成できず、運転が停止された。2011年の東京電力福島原子力発電所事故の後に導入されたより厳格な規則の下で、このような運転停止は初めてだ。

鹿児島県の川内原発1号機は、安全対策を実施するために設定された期日の3月17日を目前にした午後に停止された。川内原発2号機も同じ理由で5月に停止される予定だ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み