1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.3

Chiba father gets 16-year sentence for fatal abuse of daughter野田女児虐待死、父親に懲役16年

このページを印刷する

注目を集めている児童虐待事件の渦中にいる男が3月19日、10歳の娘を死亡させたとして懲役16年の判決を言い渡された。

判決によると、栗原勇一郎被告(42)は千葉県野田市の自宅で娘の心愛さんの睡眠や食事を制限し、昨年1月に死亡させたという。

検察は栗原被告に対して懲役18年を求刑した。

その父親は、黒いスーツと青いネクタイ姿で、判決が下された際は表情を全く変えることなく裁判長と検察官に向かって一礼した。

千葉地方裁判所の公判で栗原被告は、心愛さんに暴行を加えたことは認めたがその他に問われた罪に関しては否定した。

しかし、3月19日の判決で栗原被告は虐待死に関するすべての起訴内容に対して有罪と認定され、その父親の証言は「信用できない」とした。

栗原被告は、その女の子(心愛さんのこと)が彼らの自宅で昨年の1月24日に死亡した状態で発見された後の3月に起訴された。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み