1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.3

Japan marks 25 years since Aum sarin attack地下鉄サリン事件から25年

このページを印刷する

日本は3月20日、14人が死亡し、6,000人以上が負傷した東京の地下鉄網での神経ガス「サリン」の攻撃から25年を迎えた。

追悼式典が霞が関駅で開かれ、1995年3月20日に攻撃が発生した時間帯の午前8時に地下鉄職員らが黙祷を捧げた。

この攻撃を実行したカルト集団オウム真理教は解体され、創始者の麻原彰晃氏と幹部の死刑が2018年に執行された。しかし、後継団体は今でも活動を続けている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み