1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.10

Japan saw record animal abuse cases in 20192019年の動物虐待摘発、105件

このページを印刷する

2019年に動物虐待の疑いで警察の捜査を受けた事件数は、全国で105件に達したと警察のデータが3月26日に示した。

警察庁によると、この数値は近年増加しているという。警察庁では2010年から動物愛護法違反容疑のデータを記録してきた。

動物の種類別では66件が猫を標的にしたもので、次いで27件は犬が犠牲になった。容疑の種類別では、動物を捨てる「遺棄」が49件、飼育放棄が36件、動物が死亡したのは20件だった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み