1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.24

SoftBank expecting record net loss in FY 2019ソフトバンク、7,500億円の最終赤字の見込み

このページを印刷する

ソフトバンクグループは4月13日、投資価値の減少により、2019年度の純損益が7,500億円となると予想していると発表した。この通信会社大手(ソフトバンクグループのこと)にとって15年ぶりの赤字で、過去最大の損益となる。

ソフトバンクでは、前年に記録された過去最高利益の2兆3,500億円に対し、2019年度は1兆3,500億円の営業損益を被ると予想しており、売上は36%減の6兆1,500億円となると述べた。

ソフトバンクは、主要な投資のいくつかが悪い方向に転じたことで打撃を受けた株価を支えようと努力してきた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み