1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.5.15

ANA slapped with order over pilot drinking機長の飲酒問題で全日空に事業改善命令

このページを印刷する

国土交通省は5月1日、全日本空輸(ANA)に対し、昨年11月に同社のパイロットの1人がフライト前に飲酒をして70分以上の遅れを引き起こしたことを受けて、事業改善命令を出した。

ANAが乗組員の飲酒をめぐってこのような命令を課されたのは今回が初めてだ。この命令は、国土交通省が出すもののうち、事業許可取り消し、事業停止命令に次いで、3番目に重い行政処分となる。

そのパイロットは11月7日、福岡発東京羽田空港行きのフライトに搭乗する前に飲酒をしていた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み