1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.5.29

Government succumbs to public pressure, shelves contentious prosecutor bill検察庁法改正、今国会は見送り

このページを印刷する

政府、与党は5月18日、世論の激しい批判を受け、検察官の定年を延長する検察庁法改正案について今国会での成立を見送ることで合意した。

安倍晋三首相と二階俊博自由民主党幹事長は、63歳になった後も東京高等検察庁の検事長にとどまることが認められた黒川弘務氏の辞職を求める声が上がる中、改正案を見送ることで合意した。黒川氏は、官邸に近い人物だと広くみなされている。

安倍首相と二階幹事長は、国民の理解なくして政府はこの検察庁法改正案を前に進めることはできないと断言した。

国会で4月から審議されてきた検察庁法改正案は、検察官の定年を現行の63歳から65歳に引き上げることを求めている。また、内閣が承認すれば幹部の検察官は66歳までとどまることができる特例規定が含まれている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み