1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.12

Skilled worker visa number falls short of target特定技能初年度、想定の1割以下

このページを印刷する

新しい特定技能資格のビザで日本に在留する人の数は、3月末時点で3,987人で、実施初年度の人数として政府が設定した最大数の10分の1だったことが、5月29日に発表された出入国在留管理庁のデータで示された。

この新しいビザは、急速に高齢化する人口と出生率の低下によって引き起こされている全国的な労働力不足を補うためにもっと多くの労働者を引き入れるための試みで、昨年4月に導入された。

日本は2019年度にいわゆる技能実習生のための新しいビザで入国する人は最大47,550人と予測していた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み