1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.26

Doctor who discovered Kawasaki disease dies「川崎病」の発見者、川崎富作さんが死去

このページを印刷する

幼い子どもたちに影響を及ぼすまれな炎症性の症候群を発見した小児科医の川崎富作さんが東京の病院で死去したと、ある医療研究機関が6月10日に発表した。95歳だった。この症候群は後に、川崎さんにちなんで名前が付けられた。

川崎さんは老衰のため亡くなったと、日本川崎病研究センターは発表した。この症候群には最近、ヨーロッパとアメリカで類似の症状を発症する子どもの数が増えて新型コロナウイルスとの関連の可能性についての懸念が高まったことで、改めて注目が集まっていた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み