1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.10

AI predicts chances of developing 20 diseasesAI、3年以内に発症リスクある病気を予測

このページを印刷する

医療研究者は人工知能を活用してビッグデータを高速処理することで、約20の疾病の将来における発病を予測できる技術を開発することができた。それによって人々は予防のために生活習慣を変えることが可能となる。

弘前大学と京都大学が開発したモデルは、約2万人の自主的な健康診断から取得されたデータに基づいて、動脈硬化、高血圧、慢性腎臓疾患、骨粗しょう症、肥満といった症状を3年以内に発症する可能性を計算する。

っv

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み