1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.17

Farm powered by artificial lighting launched人工光型の巨大植物工場、操業開始

このページを印刷する

東京電力の一部門が、1日に最大5トンの作物を産出できる垂直農法の屋内植物工場を静岡県に開業した。人工の光だけに頼るこうした施設としては世界最大級だ。

東京電力エナジーパートナーは7月1日、静岡県藤枝市でこの工場の操業を開始し、発光ダイオードを使ってレタスなどの葉物野菜を育てている。

同社は初めは、9,000平方メートルのこの施設で1日に約1トンの野菜を生産し、8月ごろから出荷を開始したいと考えている。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み