1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.8.14

Hiroshima court recognizes those exposed to ‘black rain’ as atomic bomb victims「黒い雨」訴訟、原告が全面勝訴

このページを印刷する

広島地裁は7月29日、1945年のアメリカによる広島への原爆投下後に降った放射性物質を含む「黒い雨」を浴びた人々を初めて被爆者として認め、他の被爆者に国から与えられているものと同じ医療手当を彼らに給付するよう市と県に命じた。

地裁は、国が以前定めた放射性物質を含む黒い雨が降ったとされる区域外にいた原告84人全員もまた、放射線による病気を発症しており被爆者と認定されるべきだと述べた。原告の年齢は70代後半から90代だ。

この画期的な判決は、史上初めて一般市民に原爆が使用されたアメリカの原爆投下から市が75年を迎える1週間前に下された。1945年8月6日に広島に投下された原爆で14万人が死亡し、市のほぼ全体が破壊された。

原告たちは、原爆が投下された数時間後に黒い雨が降った時、原爆の爆心地から北西の地域にいた。

英文記事を見る

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み