1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.10.23

8,000 still living as evacuees on anniversary of Typhoon Hagibis台風19号災害から1年

このページを印刷する

東日本で少なくとも113人の死者と3人の行方不明者を出した台風19号の災害から10月12日で1年となった。今も8,000人近くの人々が避難生活を送っている。

宮城県丸森町で行なわれた追悼式で大槻恵太さん(37)は「家族を救えず、絶望の1年だった」と話した。大槻さんの家族3人が亡くなり、もう1人が行方不明になっている。

「あの災害のことを後世に語り継いでいくことと、前を向いて生きることが私たちの責務だ」と彼は語った。

福島県いわき市でも同様の追悼式が行なわれ、遺族が犠牲者に追悼と献花を行なった。

被災した家屋やインフラの再建が続く中、内閣府によると、10月1日の時点で11都県で7,895人が仮設住宅に避難しており、その中には台風19号の前後に上陸した2つの台風で被災した人も含まれている。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み