1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.11.27

Organizers plan to hold 2020 Olympics with spectators next summer, says BachバッハIOC 会長、「観客を入れて大会開催を」

このページを印刷する

国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長は11月16日、菅義偉首相との会談後に、来年夏に延期された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を観客とともに開催する計画を主催者側が着々と進めていることを明らかにした。

「われわれは本当に巨大な道具箱を用意しており、その中にわれわれが想像できるすべての異なる対策を入れるつもりだ」とバッハ会長は首相官邸で記者団に語った。「そうすることで来年、適切な時期に、この道具箱から適切なツールを取り出し大会の参加者全員のために安全な環境を確保することができるようになるだろう」。

新型コロナウイルスが2021年7月までに収束しないことが懸念され、また、感染病の大流行が続く中で世界的なスポーツイベントを開催することは状況を悪化させるだけだという考えもある中、主催者は楽観的な姿勢を示しており、大会は「トンネルの先にある光」となり、人類の回復力を象徴するものになると主張している。

英文記事を見る

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み