1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.4.23

Government decides to release treated water from Fukushima nuclear plant into sea処理水、海洋放出の方針決定

このページを印刷する

政府は4月13日、損傷した福島第1原子力発電所に溜まっている放射性物質を含んだ処理水を、地元の漁業者や近隣諸国の懸念はあるが、人体や環境に悪影響を及ぼさないと判断し海に放出することを決定した。

菅義偉首相は、梶山弘志経済産業大臣を含む閣僚と会談し、この決定を正式に決定した。これは、2011年3月に巨大な地震と津波が3つのメルトダウンを引き起こしてから10年を経て決定された。

溶融した燃料を冷却するために福島原発の破損した原子炉に送り込まれた、雨や汚染された地下水が混ざった水は、アルプスと呼ばれる多核種除去設備で処理される。

この処理では、ストロンチウムやセシウムを含むほとんどの放射性物質が除去されるが、低濃度であれば人体へのリスクが少ないトリチウムが残る。処理された水は、福島原発の敷地内にあるタンクに保管されている。

英文記事を見る

70th記念サイト 大喜利コンテスト

Alpha創刊70周年サイトにて「英語で一言!画像大喜利コンテスト」開催中!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み