1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.6.18

Top COVID-19 adviser says holding Olympics in current situation ‘unusual’尾身会長、現状での五輪開催は「普通はない」

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症に関する日本のトップアドバイザーが6月2日、現在の状況下で今夏の東京五輪・パラリンピックを首都圏で開催することは「普通はない」と発言した。

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会を率いる感染症の専門家、尾身茂会長はさらに、大会組織委員会は参加者の安全を確保するために十分なウイルス対策を策定する責任があると述べた。

開幕まで50日のカウントダウンが始まる前日、尾身会長は国会の委員会で「今の状況で(大会開催を)やるのは普通はない」と発言した。

「パンデミックの状況でやるのであれば、開催規模をできるだけ小さくして管理体制をできるだけ強化するのは主催者の義務だ」。

東京は4月下旬から新型コロナウイルスの緊急事態宣言下にあり、世論調査では、今年大会を実施することに日本国民の大半が反対していることが繰り返し示されている。

英文記事を見る

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み