1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.7.30

Most major cities in Japan revise vaccine plans amid supply crunchワクチン供給減で多くの自治体が接種計画変更

このページを印刷する

新型コロナウイルスのワクチン不足を受け、都道府県庁所在地47市区のうち8割近くが住民への接種計画を見直した、または見直す予定であることが7月17日、共同通信社の調査で分かった。

調査対象となった自治体のうち37市区が、政府によるファイザー製ワクチンの供給が接種のペースに追いつかないことから、住民からの予約受け付けの停止、延期、縮小を含む計画変更を回答した。

調査によると、7月のワクチン配分量が希望量の半分に満たないと回答したのは計33市(70%)で、福井、岡山、長崎では予定していた量の約20%しか受け取っていないという。

5市は2回目の接種を遅らせたか、遅らせる可能性があると述べた。

菅義偉首相は、7月中に人口の4割が1回接種できる見通しだと述べているが、今回の調査ではこの目標を達成できる見込みなのは11市にとどまることが分かった。

英文記事を見る

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み