1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.5.6

Kyoto University eyes providing iPS cells京大、医療用にゲノム編集iPS 細胞を提供へ

このページを印刷する

京都大学の財団は、遺伝子改変ツールCRISPRにより移植における拒絶反応のリスクの少なくした人工多能性幹細胞(iPS細胞)を来年3月から医療用に提供する準備していると、財団職員が4月17日に発表した。

京都大学のiPS細胞研究所から派生した機関であるiPS細胞研究財団(CiRA財団)は、日本人のほぼ全員と世界人口の95%に適合する細胞の貯蔵を増やすことを目的に、同財団が持つiPS細胞の種類を増やすことを計画している。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み