1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2023.3.17

Bills to extend nuclear reactor lifespan OK’d原発、60年超えても運転可能にする法案を閣議決定

このページを印刷する

内閣は2月28日、国の十分なエネルギー供給を確保しながら二酸化炭素排出量を削減するための努力の一環として、日本の原子力発電所を現在の上限年数である60年を超えても運転できるようにする法案を承認した。

2011年に福島県で発生した東京電力の原子力発電所の事故の後、日本は安全性のアップグレードが行われている場合に原子炉の運転可能年数の上限を60年に定める原子力を規制する法律の下で、より厳格化した安全基準を導入した。

しかしそうではなく、原子炉の耐用年数は、予定された変更の後、電気事業法の下で規制されることとなる。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み