1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Pussy Riot stops World Cup final, brieflyワールドカップ決勝、乱入で一時中断

このページを印刷する

抗議グループのプッシー・ライオットは、ウラジーミル・プーチン大統領にとって長きにわたるトラブルのもとであるが、ロシアの大統領と世界中の聴衆が見ている中で、警官の制服を着てフィールドに乱入してワールドカップ決勝を中断させた4人について犯行声明を出した。

世界で最も見られているスポーツイベントの1つ(ワールドカップ決勝のこと)の52分にフィールドへ同時に猛突進した3人の女性と1人の男性に警備係がタックルした。

クロアチアのディフェンダー・デヤン・ロヴレンが男性を押し、警備係が男性を拘束するのを助け、この事件でクロアチアはリズムを崩されたと話した。この抗議行動が起こった時点でクロアチアは2対1で負けていて、最終的に4対2で破れた。

「私たちはあの瞬間、いい形で試合に臨んでいたので、私は本当に腹が立ちました」とロヴレンは語った。「私たちがいいサッカーをしていたところに、邪魔が入りました。私は頭に来て男を掴み、スタジアムから放り出せたらと思いました」。

連れ出される前に、女性の1人がフィールドの中心に到達し、フランスのフォワード・キリアン・エムバペと両手でハイタッチを交わした。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み