1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Frenchman lands job after advice from Macron仏失業中男性、大統領が就職を手助け?

このページを印刷する

仕事を見つけるためには道を渡って頼みさえすればいいとエマニュエル・マクロン大統領に言われた若い失業中のフランス人男性は、大統領とのやり取りを収めた映像がインターネット上で話題になった後で、仕事を見つけた。

Jonathan Jahanさん(25)は、結局、道を渡らなかった。しかし、ある派遣社員紹介会社が彼に連絡をしてきて、大型バスの運転手にならないかという仕事のオファーを出し、園芸学を学び、何ヵ月もガーデニング業界での仕事を探していたジャハンさんはこのオファーを受諾した。

「何か好きなことで仕事ができるのでうれしい」と、彼はBFMテレビに語った。この番組は、彼は他のオファーを20件断ったと報じた。

9月15日にエリゼ宮殿であった一般公開日中にマクロン大統領と交わした会話がもたらした宣伝効果はー支持率が30%以下という選出以来最低に落ち込んだ大統領にはなかったがー求職者には素晴らしい効き目だった。

大統領の単刀直入な語りを記録したこの映像は、インターネット上とメディアで熱狂的な反応を引き起こし、ソーシャルメディアでは、人々が道を渡って仕事を探し、たまにひかれたり、名声と富を獲得したりする多くの映像が投稿された。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み