1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.26

And the fattest bear in Alaska is … 409 Beadnoseアラスカ、「おデブクマコンテスト」開催

このページを印刷する

ソーシャルメディアで大きな話題を呼んだアラスカの太った大物の争いで、「409 Beadnose」として知られる毛深い茶色の妊娠している可能性のある母グマが10月9日に2018年の「おデブクマコンテスト」で1位に輝いた。

広く人気の「おデブクマ週間」と呼ばれるイベント中にカトマイ国立公園保護区の職員によって数えられたオンライン投票で、Beadnoseは、さらに大きいアラスカのヒグマでジャンボジェットになぞらえて747と呼ばれるオスに僅差で勝った。オスのクマのほうが大きかったが、Beadnoseのほうがもっと丸々としているとみなされた。

「彼女の美しい脂肪は、投票した方々から今年最も素晴らしい贅肉だとみなされた」と、この公園はフェイスブックページで述べた。「我々の太ったチャンピオンはあと数週間サケを丸ごと食べて、山に向かい、ねぐらを掘って、勝利を満喫することだろう」。

山深いアラスカ湾の沿岸に沿うカトマイ国立公園は、サケを食べる巨大なクマの住民で知られる。

クマが冬眠のためにねぐらへ行く前のひと月である10月は、この動物が冬を乗り切るために必要な体脂肪をつくるために最も熱心に動く時期だ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み