1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.2

Carrot extracts make cement stronger, greenerニンジン成分でコンクリートの強度増

このページを印刷する

カリカリして、おいしいニンジンだが、セメントを強化し、建設業界で二酸化炭素の排出量を削減することができるだろうか?

イギリスのランカスター大学の研究グループは、家庭用のフードブレンダーを使って、この根菜(ニンジンのこと)からの抽出物をコンクリートと混ぜ合わせより強度が高く環境に優しい製品ができるかどうかを調べてきた。

「わずかな量のこの新素材によってコンクリートの強度を80%増すことができることが分かった」と、研究を率いるモハメド・サアフィ氏は述べた。

ニンジンからの抽出成分を加えることで、コンクリートにひびが入るのを防ぐことができると、研究チームは主張した。これは、必要なセメントの量が少なくなるということでもあり、よって、地球への二酸化炭素排出量を低減する。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み