1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.23

France seizes jet at takeoff for unpaid bill離陸間近の航空機を滑走路で差し押さえ

このページを印刷する

嵐、ストライキ、コンピュータの故障—飛行機を遅らせうるもののリストに「飛行機が政府によって差し押さえられた」もこれからは追加できる。

フランス西部のボルドー・メリニャック空港で11月8日、149人の乗客がロンドンへ向けて離陸する準備をしていたときに、フランス当局がそのライアンエアーのボーイング737型機の差し押さえを命じた。

この格安航空会社は借金をしており、飛行機から乗客を立ち退かせることを「政府が余儀なくされたことは遺憾」だったと、民間航空局は述べた。

空港当局が乗客に戻るよう告げたとき、乗客は、入出国検査と保安検査を終えて、飛行機に搭乗するために滑走路を歩こうとしていたところだったと、乗客のBoris Hejblumさんは語った。

乗客は別の便に乗せられ、ロンドンのスタンステッド空港にようやく到着した—5時間遅れだった。

この数千万ドルのジェット機は、ライアンエアーが52万5,000ユーロ(6900万円)の請求を支払った後、11月9日に解放された。

ライアンエアーは、利用できる中で最安値クラスの運賃を常に提供することで、乗客数でヨーロッパ最大の航空会社となった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み