1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

Swiss reject plan to save cow, goat horns家畜の角に補助金? スイスで国民投票

このページを印刷する

ヤギと牛の飼育者に、その角を生やしたままにしておかせるため、政府に補助金を出させるという酪農家の提案について、スイスの有権者たちは11月25日、国民投票で否決したと、投票結果が示した。

スイスの連邦内閣事務局は、有権者の54.7%がこの措置に反対したのに対し、45.3%が賛成の票を投じたと発表した。この措置への賛成派は、これにより、動物の幸福と福祉が向上すると主張していた。連邦政府や畜牛者の主要団体といった反対派は、この措置には年間3000万ドル(34億円)もかかり、他の活動資金を枯渇させると主張していた。

この提案を主導した小規模酪農家のアルマン・カポールさんは、スイスの公共テレビ局RTSで、彼は「畜牛の状況に関心を高め、重大なことを達成した。素晴らしいことだ」と述べた。

この取り組みへの同国の州で最も強い支持は、ジュネーブ—最も都市部の州の1つ—からのもので、5人に3人近くの有権者がこれを支持した。

この問題のインパクトは、中身よりも見た目だった。スイスで育てられている畜牛の4分の3は、角を持っておらず、多くは生まれながらに持っていない。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み