1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.19

Rowdy rooster at center of legal battle仏、おんどりの鳴き声をめぐる裁判

このページを印刷する

フランスのオレロン島で朝の鳴き声が隣人を怒らせたモーリスという名前のおんどりは、7月4日、法廷での争いの中心となり、これには抗議の声が上がった。

モーリス自身は西部の町ロシュフォールでの裁判に出席せず、原告も出席しなかった。原告は、この景色の美しい島に休暇用の別荘を持つ退職した夫婦で、モーリスの明け方の鳴き声で眠りから目を覚まさせられてしまうと訴えている。

しかし、モーリスの支持者たちは裁判所の外でパレードをし、パレードの中にはポンパドゥールという名前のニワトリと、ジャンルネという名の巨大なブラーマ種のおんどりもいた。

この訴訟は、おんどりがフランスの国章の1つであるためだけではなく、その苦情が田舎の伝統的な生活に対する攻撃だと捉えた人もいたため、注目の的となった。

オレロン島に35年間住んでいるモーリスの飼い主のコリンヌ・フソーさんは、フランスのラジオに対し、夜は飼っているニワトリを閉じ込め、鳴かないように光を遮断しようと卵の箱で小屋に裏打ちしさえしたが、全て効果がないと話した。

判決は9月に出る見込みだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み