1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.11.15

Baby eel smugglers sentenced in Franceウナギの稚魚密輸の中国人に罰金刑

このページを印刷する

フランスの裁判所は10月30日、ウナギの稚魚60キロを中国行きの飛行機の荷物に載せて密輸しようとした2人の中国人に有罪判決を言い渡した。

ヨーロッパウナギの稚魚—身体が透明であることから「glass eels(ガラスのウナギ)」と呼ばれる—は、中国では1キログラムあたり5,000ユーロ(60万5,000円)で売れる。地元検察は、この事件は「急拡大している新しい形の密輸」の一部だと述べた。

20歳の女性と44歳の男性は10月28日、フランス南西部のトゥールーズ市を出発した後、経由地のパリのシャルル・ドゴール空港で止められた。

職員らが2人の4つのスーツケースの中を確認したところ、水が入ったビニール袋の中にウナギが入っているのを見つけた。ウナギは「シラスウナギ」としても知られている。

各袋は断熱材でくるまれていた。

パリ近郊のボビニーの裁判所は、密輸と生物多様性に対する犯罪として、この2人に執行猶予付き10ヵ月の禁錮刑と、それぞれ7,000ユーロ(84万4,999円)の罰金刑を言い渡した。

専門家によると、ヨーロッパウナギの個体数は、乱獲と汚染、ダム建設による回遊ルートの阻害が組み合わさリ、近年急激に減少しているという。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み