1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.7

‘Bananaman’ bites back after fruity fallout「バナナをむいて」でテニス選手炎上

このページを印刷する

エリオット・ベンシェトリ選手は、全豪オープンでボールの管理をする子どもにバナナをむいてくれるように頼み、自分でむくようにと言ってきた審判に食って掛かった後に起こった「制御不可能な」反感に驚いたと述べた。

このフランスの選手は、オーストラリアのメディアでは「バナナマン」と呼ばれ、試合中に手にクリームがついていて皮をむくのに苦労していてボールを管理していた少女にバナナを渡した、と言った。

しかし、審判のジョン・ブロム氏は感心せず、自分でバナナをむくように言って、伝えられるところによると、ベンシェトリ選手が少女を「奴隷」のように扱っていると非難したとされる。

この事件はソーシャルメディアで騒ぎを起こし、テニスの有名選手のマルチナ・ナブラチロワ選手はツイッターで「次は何?―ぶどう? #entitlement(「権利」のハッシュタグ付きで投稿されたということ) ジョンは確実に正しいことをした」と投稿して加わった。

ベンシェトリ選手は、第1ラウンドで敗退した後、その少女はそれ試合の早い段階で何事もなくバナナをむいてくれたのだと自分の言い分を言った。

「審判があんなことを言って、コートで本当は何があったのかを人々が知らないまま、この状況がソーシャルメディア上で制御不可能になるなんて信じられない」。

 

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み