1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.14

Pasteurized Camembert? Makers vote ‘Non’仏チーズ論争、低温殺菌牛乳却下

このページを印刷する

カマンベールチーズの未来をめぐる論争は1月31日、有名な生乳から作られたチーズ(カマンベールチーズのこと)の低温殺菌牛乳で作られたバージョンを許可することにフランスの生産者らが反対票を投じ、山場を迎えた。

フランス北部のチーズ生産者のうち、ぎりぎりの過半数の53%が、工業的な生産者に独占的な「ノルマンディー・カマンベール」のラベルを使う権利を与えるかもしれないかったこの計画を拒否した。近代的技術を用いることは、低温殺菌をしない生乳から作られたカマンベールチーズを守る人々に非難された。

変更を推進してきた組合の代表であるパトリック・メルシエ氏による声明は、原産地呼称保護の拡大を生産者らは拒否したと述べた。

「Fromages de Terroirs」組合のトップで、この計画に断固として反対するベロニク・リシェルルージュさんは、1月31日の投票を「全ヨーロッパの原産地呼称保護にとってたいへんよいニュースだ」とたたえた。

「品質の原則が大手乳製品メーカーからの高まる要求に勝った。これは味の勝利だ」と彼女は述べた。

売上トップの「プレジデント」ブランドのメーカーである「ラクタリス」といった農業食品大手は、同社が製造するクリーミーな円盤を「カマンベール」と呼ぶことができる。しかし、より魅力的な原産地呼称保護ラベル「ノルマンディー・カマンベール」を使うことはできない。

 

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み