1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.1.1

New species crowned ‘world’s ugliest orchid’今年登録の新種、「世界一醜い」ラン

このページを印刷する

ランはあまり醜いと呼ばれることはないが、ロンドンのキュー王立植物園は、マダガスカルの森の中で発見された通常であれば鮮やかで繊細な花の新種をそう表現した。

2020年にキュー王立植物園の科学者とその世界中の協力者が名付けた156種の植物と真菌の1つであるガストロディア・アグニセルスは、「世界一醜いラン」の称号を獲得した。

「このランの11ミリの花は、小さく、茶色で、かなり醜い」とキュー王立植物園は今年の発見トップ10のリストでそう書いた。このランは栄養を真菌類に頼っていて、葉やその他の光合成組織を持たない。

絶滅危惧種と評価されたが、この植物は国立公園内にあるため、ある程度保護されている。

今年正式に名付けられたその他の発見の中には、イギリスの6つの新種のフウセンタケ属の毒きのこ、2010年にナミビア南部で見つかった奇妙な低木1種があった。

この低木には奇怪なうろこ型の葉があり、極めて熱い自然の塩田で育つため、ラテン語の「tigani(フライパン)」と「phyton(植物)」に由来して「ティガノフィトン」と名付けられた。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

春の20%OFFキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけ3ヵ月20%OFF!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み